風俗で稼げる仕事はどのようなものなのか

風俗業界での就労をサポートするベーシック情報サイト

実際のところ風俗は儲かるのか?

風俗で働く前に理解しておきたいこと

一口に風俗と言っても、その実態は経営形態や業種によって大きく異なるため、風俗業の全てが性風俗に属すわけではなく、一般に風俗と言って思い浮かべる人が多いであろうソープやヘルスをはじめとした性風俗関連営業、同じく風俗としてメジャーなキャバクラ並びにクラブを擁する接待飲食営業、ほとんどの場合において風俗と見做されることが無いゲームセンター及びパチンコ店を含む風俗営業といった具合に風俗は、主に性風俗・接待飲食・風俗(その他)の三通りに分類されるため、風俗=性風俗という認識はやや乱暴なものがあります。

最も、風俗の主要産業が性風俗業と接待飲食営業であることは疑いようのない事実であることを鑑みれば、異性との接触やコミュニケーションを主軸とした業種を風俗と捉えてしまうことがやむを得ないことも風俗の実情でしょうか。

儲けたいほど様々な適性を要する風俗

基本的に風俗において日給や月給が高額になりやすいのは、本番行為を除く性的なサービスの提供を行う性風俗業と異性とのコミュニケーションにお酒や軽食の提供を併せた接待飲食業で、その他、ゲームセンターやパチンコ店のように深夜料金という形での手当てが見受けられる程度の業種の場合、前者のような高給は望めません。

この給与額の差は単純にサービス内容の相違によるところが大きいため、高給を望むのであれば、性風俗業や接待飲食業のような性風俗としての色合いが濃い業種を選択することになるわけですが、ゲームセンターないしパチンコ店と比べると、肉体的にも精神的にも疲労が大きくなりがちになるので、性風俗業の場合性的行為に対する精神的耐性と昼夜逆転型生活への適応性を要し、接待飲食業なら性風俗業同様の昼夜逆転型生活への適応に加えアルコール耐性が求められるなど、ある程度の適性が必要とされます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る