風俗で稼げる仕事はどのようなものなのか

風俗業界での就労をサポートするベーシック情報サイト

働く為に押さえておきたい風俗の注意点

風俗、特に性風俗に類される性風俗業や接待飲食業は風俗業の中でも突出して大金が動く業種であることから、大金を儲けやすいと思われがちですが、実際の所はどうなのでしょう。

労働者と経営者それぞれの目線から、短期と長期両方の金銭的な利益について考えていきます。

まずは、労働者目線で週四日勤務の月給換算で性風俗を比較すると、性風俗業が約三〇~一〇〇万円、接待飲食業が約二〇~二〇〇万円となり、最小値では性風俗業が優勢で、最大値では接待飲食業に軍配が上がりますが、いずれも能力(=人気)に依存するところが大きく、必ずしもどちらか一方が優れているとは言えないものの、他の業種と比較すれば、高額の給与を得られるので、短期的な目線では儲かると言えるでしょうが、あくまでこれは一定の年齢までに過ぎず、年齢によって需要に合わせた店への移動を要するのに加え、給与額も下がっていくのが一般的であり、性癖の先鋭化による熟年層への需要増を加味しても五〇代が限界であるため、長期的な展望の下、風俗一本で生きていくにはかなりの計画性としっかりとした体調管理が欠かせません。

対して、経営者目線で考えるなら、性風俗の起業自体は容易であることも手伝い、一見すると儲けやすい業種のようにも見えますが、店舗を準備した後、サービス担当の従業員を確保し、利益を上げるという基本構造がきちんと機能しなければ利益を上げることはできず、加えて膨大な広告費を賄うだけの売り上げを要するので、条件を揃える当てでもない限り儲かるとは言い難いものがあるなど、短期的に儲けるのに向いている業種ではないものの、前提条件をクリアし得る人物、例えば性風俗の元サービス業務経験者のように業種に対する造詣が深く、コネクションの構築に成功した上で、ある程度の顧客の当てがあるような人物による長期的経営には成功の可能性が見込めるはずです。

TOPへ戻る